必殺DVDマガジン その5 1stシーズン完結

51UOZz2Bb6TL__SL500_AA300_.jpg
51o1wCCCH7L__SL500_AA300_.jpg

 世間ではワンフェスでしたね。
 自分も行きたかったのですが、今日(26日)が〆切で、絵を描くのが壊滅的に鈍いので行けませんでした。っていうかいまだに終わっておりません。なのになんでブログ書いてんの。
 また持病も病的なまでに酷かったので──病気だから当たり前ですが──、八王子から幕張は今回ちょっとハードルが高かったみたいです。
 武装神姫にまつわる、愛する方々に、遠くで眺めるだけでもいいからお会いできる初めての機会だったのに、とても残念です。

 という訳で、講談社刊『必殺DVDマガジン 仕事人ファイル』も、男泣きの9.10号目が発売。
 1stシーズンオールアップを迎えました。
 最終刊は、華麗なる獣・花屋の政と、愛に滅した男・赤井剣之介です。
 いやー、感慨ですね。
 25年前の松竹ホームビデオ時代は、消費税なんか存在もしないのに1エピソード8,400円でしたからね。今は2本で1冊1,500円(税込)。時代は変わったものです。
 もちろん今回も執筆・監修をやらせていただきました。 

 今回は村上弘明さんと中村敦夫さんにガッチリインタビューができました。
 誌面の都合で1頁分しか載せられないのが残念なところでありますので、誌面の都合で掲載できなかった裏話を上っ面のみ列挙してみます。
 あ。
 裏話の話ですが、以前書きましたとおり、玩具デザインの場合は他に情報を発信する職業の方々がおりますから、自分ではどっからどこまで書いていいかを一存では判断できないんです。例えばミクロマン200Xに関してはデザイナーでもあり出版側でもあるので、当時はどこまで記事にしたらいいものか悩みましたが、結局今に至るまで裏話は何も書いていません。
 まあ玩具デザイン関係は、生きていればいずれ何かしら語らせてもらえる機会があると信じてます。た、多分。
 ただ、必殺などに関しては、自分は明らかに情報の発信者側ですので、メディアとして陽の目を見なさそうな裏話、問題ないもの、商業価値のないもの、オフレコでないものに限り、ブログで書かせていただいてます。そうしないと機会そのものが永久に発生しませんもんね。
 まあ玩具も芸能も根っこは一緒で、許諾者がOKならどこまで書いてもOKだし、許諾者がNGならどこまでもNG──という、ただそれだけなんです。どの業界でも一緒ですね。

 さておき。
 ご両名とも、我々の想像を遥かに超える必殺愛を持ってらっしゃいました。
 特に中村敦夫さんは、マネージャーの方が昔からずっと同じ方ということもあり記憶・記録が鮮明で、必殺ファンの間で噂になっていた京都のキャバレー・ベラミでの仕業人ショーのことや、『うらごろし』『おしどり右京捕物車』のこと、中村勝行さんのことなど、『仕掛人』と『木枯し紋次郎』の放映時、緒形拳さんと新幹線内で会話したこと、などここぞとばかりに根堀葉堀と訊けました。また、議員時代には反統一協会の運動をされていたので、その辺のお話しもしていただけました。
 また、和田アキ子さんの著書『和田アキ子だ! 文句あっか!』に記述されていた、撮影の合間に和田アキ子さんに唄を作ったというエピソードの裏付けも取れました。
 村上さんはとても温厚な方で、京本政樹さんのインタビューとセットで発言を整理整頓することで、キャスティング当時の時系列に整合性をつけることができました。村上さんご本人に20数年ぶりに『時代劇は必殺です!』を言っていただいたのですが、宣伝用映像に入っているかどうかは存じ上げません。

 仕業人は金のみで繋がったドライな関係とか、そういったハードボイルドな荒涼感ばかりが強調されることが多いですが、個人的、初期から後期に行くにつれて、バイタリティに溢れ、熱い魂を持った男達が活躍する『楽しい』一大エンタテインメント作品になっていく──という印象があります。
 また仕事人Ⅴも、ゆでたまご先生のゲストとかグレムリンとか、チャラいイメージばかりが一人歩きさせられてますが、抗争編や密室劇、特訓編など、少なくともあの時期のテンプレ的フォーマットからちょっとずつ離れて冒険しようという気概の感じられる作風で、個人的には好印象なのです。
 
 それそれそんなわけで、『必殺DVDマガジン』いかがでしたでしょうか。
 編集部さんの方針に従ったうえで、できる限りのことはしてみたつもりです。
 2ndシーズンはまだノーアナウンスですが、あるとイイですネ!

 今年もそろそろ山陰本線で出雲に行きたいなぁと思っております。

 ──なんだか疲れてるみたいです。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワンフェスは、あの猛暑あいまってナカナカに過酷でしたので、体調が万全で無いなら正解だと思います。
コナミさんのブースですが、トークショウを覘きましたが枠内に人が入りきらずに通路に出る程でしたので盛況でしたb。(覘いた程度なのは、通路にはみ出して見ていた側だったので、通路内立ち止まらない様注意されてしまいまして)
という程、オリジナルの玩具とは思えない盛り上がりでしたw

お疲れ様でした……!

今日、組紐屋の竜と赤井剣之助という”不思議な組み合わせ”(笑)で購入してきました(買いに行った店に、なぜか糸井貢がなかったので)。

今回も、それぞれに”濃い”内容でしたね!実際、それぞれのキャラをここまで深く追求していった特集本は、(商業誌ベースでは)今までなかったと思います!

どこまで裏情報が、書けるか書けないかに関しては……何となく「分かる」ような気がします(まあ、ほんのちょっぴり程度ですが(笑))

ちなみに、和田アキ子さんの「うらごろし本(裏返し…ではなく)」、私も持ってますよ!あれも、ある意味では非常な貴重な資料ですね~~!

それから、amazonの宣伝用動画、村上氏はバッチリと「時代劇は必殺です!」と仰られてました。

10巻全部発売されて、ちょうどお仕事も一区切りついたところと思われますので、お体の方はくれぐれも大事になさってください。

……では、また!

Re: No title

>祭さん
WF凄く行きたかったんですけどね~。残念であります。
そうか、コナミさんのトークショウはロープの仕切りかなんかの中でやったんですかね。大盛況でなによりです!
神姫は、メディアのストーリー展開に頼らないオリジナル玩具のなかで、今や希望の星ですので、ムーブメントがさらに盛り上がるといいですね。
冬もそういうトークショーやってくんないかなー。今度こそ行く……!

Re: お疲れ様でした……!

>都の商売人さん
お買いあげ頂いてありがとうございますー。
元の作品を見てない人がこの本を買うと、仕事人Ⅴは波乱に満ちあふれた展開で、仕業人はなんだろ、やいとやって意外にアクションできるじゃん、みたいな誤解を招いてしまうんでしょうかね。

キャラ研究本としてはどこまで掘り下げられたのか、反省点もいっぱいあると思うんですが、例えば江戸時代の実際の仕事のコーナーとかあるじゃないですかー。ああいう風に、より大勢に売るためにはライト層向けでなくてはならないという編集方針もあったと思うんですよね。
そのなかではできる限りのことをやったつもりであります。
身体の心配ありがとうございます。秋には出雲のお艶に会いに行きます。
プロフィール

DOGMASK

Author:DOGMASK
■だいたいのお仕事リストはこちら

・おもちゃデザイナー
・絵描き
・ライター(主に時代劇・玩具)
・物語描き

東京は八王子に住んでおります。1970年2月24日生。
必殺シリーズおよび時代劇全般と可動フィギュアを愛しており、なんとかその辺界隈で食いつなぐべく、日々邁進しております。
変形ロボットデザインしたり、萌えフィグデザインしたり燃えフィグデザインしたり、メカデザインしたり怪獣デザインしたり、衣装デザインしたり変身ヒロインデザインしたりしています。
『ミクロマン200X』『武装神姫』『トランスフォーマーGT』『マイティレディ・ザ・シリーズ』『魔法少女てんてるマロン』キャラクターデザインワークス、
『必殺シリーズ完全殺し屋名鑑』『必殺シリーズ完全闇知識』『必殺DVDマガジン』『必殺仕事人2009公式ガイドブック』執筆編集などなど。
年に一回は出雲に行かないと死ぬ病気です。ああもう死んだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: