スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人2010

 『必殺仕事人2010』スペシャルを見ました。
 事業仕分けネタから始まり、それが生み出す弊害の描写に留まらず、全ての歯車が軋んで崩壊していく右京乃助の人物描写は、スペシャルに相応しいグレードの悪役と言えましょう。
 連続武家殺しとか炊き出しの大量殺人とか、無闇に事件は多いのですが、すべてを右京乃助中心でプロットを構成してあるので、ギリギリ散漫にはならなかったと思います……個人的には。
 小五郎以外の仕事人たちにはあまりスポットは当たってないんですけど、それぞれに印象的な見せ場が用意されていたので不満はないです。特にお菊が童山と対峙したときの、2009では見られなかった、ちょっとした貫禄がイイカンジですね。匳はもっともっと他のメンバーとのじゃれ合いが観たかったです。涼次はもはや安心株。
 主水の扱いは、やれる範囲ではあれでベストなんじゃないでしょうかね。主水が菊の絵描いたのか、とか想うところはあるんですけど、以降のシーンで、メンバーの主水に対する扱いが完全に物故者のそれになっていたことで、なんとなく感慨を感じました。
 もういないんですね。

 藤田さんは何度かインタビューをしたり、撮影にご一緒させていただいたり、京都や大泉へ行ってお話しをしたりしたのですが、未だに亡くなった感じは自分のなかではありません。
 亡くなった日は、必殺馬鹿つながりで京極夏彦さんや山田誠二さんと、電話やメールで『えっ』『えっ』『えっ』みたいなやりとりに終始して、動揺を隠せませんでした。
 特に京極さんは、藤田さんと一席予定があり、自分もそこへ遊びに行くつもりだったので大変残念でした。
 藤田まことさんのお別れ会もまだ未定なのですが、できればお別れはしたくないものです。
 でも、仕方ないですね。
 閑話休題。

 ゲスト仕事人の童山は、今回だけではなんとも言いようのない感じです。風車の弥七をやってる役者は必ず必殺にも出ますね。2人だけですけど。殺し技そのものはそんなに面白いとは思わなかったんですけど、カルタに込められた暗喩みたいなギミックは楽しいですね。
 余裕があってトゲトゲしてないキャラ造型は好感が持てました。

 津川雅彦や本田博太郎は、旧シリーズのファン的には『無駄使いすんな!』なんですけど(笑)、まあそれは致し方なく。
 あ、前田亜希が産着を縫うシーンで、『新からくり人』の未音盤化BGMが流れていたのが興味深いですね。 
 渡辺家の懐妊エピソードは、予想を裏切ってくれたらうれしかったんですけど、まあ必殺らしいですね(笑)。

 今回は演出が非常にスピーディで凝ったものだったので見応えがあったんですけど、やっぱり個人的には、必殺は46分が肌に合うな。
 早くまた新シリーズが始まってくれたらいいんですけど。

 随分散漫な文章ですが、感想ということで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

”新期”の必殺

若干詰め込み過ぎで、消化不良だったところ(武家殺しの伏線や某等での匳の殺しの目撃者、等)はありましたが、小沢征悦さん演じる右京乃助の「理想主義者が”外道”に堕ちて行く下り」が丹念に描かれており、スペシャルとして見るならば、充分「標準点」として面白かったと思いますね!(仕事人が、余り出しゃばり過ぎず、ゲストに関わる程度だったのも良かったと思います。匳は、最初と最後だけなので「右京之助」の名前も知りませんでしたしね(笑))。

それと、やっぱり、全編が「中村主水」=藤田まことさんへの追悼に満ちた造りになっていた事。本編では、あくまで「転勤」風に描かれている筈が、小五郎や涼次・匳・お菊の態度は、完全に「故人」に対するものでしたし……ここに至って、中村主水と藤田まことさんが、完全に「融合」すたように思えます。

私個人の希望としては、「仕業人」の最終1話前のやいとやのように、藤田さんの”過去の声”と、スタンドインの吹き替えで、「”最後”の主水の殺し」も見たかったと言うのも、本音なんですけどね~~!(笑)

思ったんですが、俗に「仕掛人」~「うらごろし」が”前期”、「仕事人」~「激突!」が”後期”なら、「2007」~「2009」の時代も含めて、必殺は”新期”に突入したんじゃないでしょうか?

何だか、そんなような気がします……。

Re: ”新期”の必殺

>都の商売人さん
キャラ描写が丁寧な作品はそれだけで価値を感じますよね。
必殺のスペシャルってどうしてもドラマ性よりイベント性が目立つ作りをしてることが多いですけど、2009以降のスペシャルはちゃんとドラマを掘り下げていて興味深いですね。
いやまあ個人的には大集合とか現代版とか大利根ウエスタンの下総パートとか、ドラマとしても大好きですけど(笑)。
藤田さんの扱いはとてもよかったですね。賛否や矛盾もあるかとは思いますが、あのぐらいぼやかしちゃったほうがいいのでしょう。おっしゃるとおり、中村主水が藤田さんの元へ向かった気がします。
貼り紙のシーンで『やがて愛の日が』か『哀しみは花びらにのせて』のインストを流してみたらどうだろうとかいろいろ考えましたけど。
過去の映像を編集して主水が登場という記事もありましたが、個人的にはやらなくてよかったと思いますよ。
松竹はホラ、CG合成で寅さん再現しようとして挫折した前科もありますし(笑)。

自分は、必殺シリーズなどというものが終わるはずがない──と思えた幸福な時代を生きてきました。
改めて、次こそ終わりかもしれん、いや次こそと一喜一憂する感覚は、初期からリアルタイムで観ていた視聴者
もこんな気分だったのかなぁと思わせるものがあります。
“新期”必殺、早く軌道に乗ってほしいですネ。
プロフィール

DOGMASK

Author:DOGMASK
■だいたいのお仕事リストはこちら

・おもちゃデザイナー
・絵描き
・ライター(主に時代劇・玩具)
・物語描き

東京は八王子に住んでおります。1970年2月24日生。
必殺シリーズおよび時代劇全般と可動フィギュアを愛しており、なんとかその辺界隈で食いつなぐべく、日々邁進しております。
変形ロボットデザインしたり、萌えフィグデザインしたり燃えフィグデザインしたり、メカデザインしたり怪獣デザインしたり、衣装デザインしたり変身ヒロインデザインしたりしています。
『ミクロマン200X』『武装神姫』『トランスフォーマーGT』『マイティレディ・ザ・シリーズ』『魔法少女てんてるマロン』キャラクターデザインワークス、
『必殺シリーズ完全殺し屋名鑑』『必殺シリーズ完全闇知識』『必殺DVDマガジン』『必殺仕事人2009公式ガイドブック』執筆編集などなど。
年に一回は出雲に行かないと死ぬ病気です。ああもう死んだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。