スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパンの気持ち

 前回の更新で、一人の方から、3つの主旨の入ったコメントをいただきました。

1・個人的にはパパンたちも一緒になって神姫を盛り上げていって欲しいので残念。
2・自分の絵に需要がないと思っているなら、デザインを断って欲しかった。
3・自分の仕事に自信を持てない人間に神姫に関わって欲しくなかった。


 同じ思いを抱いてらっしゃる方がいるかもしれんという理由で、その方の名前も文章も掲載しない方向で、この場を借りてお答えさせていただきます。
 自分の更新でなんというか、精神的苦痛を与えてしまったかもしれず、申し訳ありません。

 まず1に関してですが、2の話もちょっこし含んでいます。
 更新ではぼかしましたものの、デザイナーが神姫絵を描くことは、明確にNGです。 
 更新で書いたとおり、いろいろネタは仕込んでいたのですが、仕方ないですね。正直な話、そんなことでメーカー様に切られて、次にお仕事する機会がなくなるのは不本意ですので……。
 ですので、自分は写真や文字などで、できる限り告知してきたつもりであります。
 それが不満足なようでしたら、自分の努力不足であります。申し訳ありません。

 次に2に関してです。1に関しての話もちょっと含んでいます。
 絵に需要がないと言いましたが、これは神姫絵の投下の理由をぼかしたものであり、実際は1の理由だと思っていただけると助かります。
 ※ただ、コンテンツのファンはいても、純粋な自分のファンがいないというのは、論旨として変わりません。
 実際のところ、自分も『クアント』誌で、編集部に非常に近い位置でミクロマンの記事やコミック、ムックをやっていたため、自分の絵にどれだけの需要があって、どんな感じのファンがどのぐらいいるかは、ある程度マーケティングとして把握していますので、需要は感じていました。 
 ただ、ミクロマンでの需要がそのままどこにでも通用するはずもなく、神姫という新しいフィールドでは不安もたっぷりでした。
 需要がないと言い切ってしまうのは乱暴でしたので反省します。むしろ需要があるかないかは、最終的に市場が決めることだと思っています。
 
 最後に3に対してですが、自分は自信がないとは書いておらず、ライト4弾にはそれなりの自信を持っています。
 こひるだって、こひるの影に隠れがちなメリエンダだって、そのときに出来た最大のパワーで臨みました。だから今でも、一点の曇りもない自分の娘としての誇りがあります。
 ただ──これは自分に限らず、神姫に関わる全てのスタッフやクリエイターがそうだと思うのですが、絶対の自信などというのは誰も持てないと思うのです。
 誰だってン千万の開発費・製造費をかけた商品を世に送り出すのに不安がありますし、ドキドキします。自分は発売日からほぼ一週間ぐらい、コッソリ秋葉原と新宿、吉祥寺のヨドバシで売り場の視察をしていました。誰かが手にとってレジに持っていってくれたらガッツポーズですよ。

 自信がある、とアナウンスすることで、ユーザーの方へ安心感を与えるのはすごくわかります。
 それがなかったことで不信感を煽ってしまったことはお詫びいたします。
 ただそれは、クオリティに自信が持てないわけではなく、ユーザーの方──いや、あなたに愛してもらえるかどうか、やっぱり不安ではあるのです。
 おそらく、他のデザイナーさんも必ずそういう思いを抱いていると確信してます。
 自分はそもそも、あなたにライト4弾を買っていただけたのか、愛していただけたのか知りません。
 すごく知りたいです。あなたの心に届いたのかどうか知りたいです。
 だから、自信がないという言い方に感じてしまったのでしたら良くないですね。
 好きになってほしいという『願い』の裏返しだと思ってくださると、自分も救われます。 

 自分の気持ちはこんなです。言葉足らずで申し訳ありません。

 お詫びに、リップサービスとしてひとネタ。
 こひるの背中の六角形とメリエンダの背中の天使の羽根は、食品にまつわる神姫ということで入れたネタです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1ヶ月ぶりにのぞきに来たら、なにやら色々と……
で、つい初コメントしたくなったり。
私はDOGMASK氏のファンだと胸を張って言っちゃいます。
氏がデザインに参加してなければ、武装神姫に手を出してませんから。

ちなみに初神姫はメリエンダです。
こひるの影に隠れてなんか……いるのかなぁ? やっぱり。
可愛いのに、メリエンダ。
笑顔がなんかエロくて、大好きです。

しかし……
なんというか、謙遜として受け止めるような部分が、最近は伝わらないんですかね?
嘆かわしいことです。

Re: No title

>しげぞーさん
どうも、コメントありがとうございます。
メリエンダが初神姫とかファンとか言われると、なんだかとても嬉し恥ずかしいですヨ。
こひるの影に隠れがちかどうかは、まあ主観の世界ですので(笑)、マスターの元へやってきた個体によって違うかもしれませんね。

謙遜に関しては、苦言を呈される方の気持ちももっともで、
デザイナーが卑下することで、製品も卑下することになってしまい、引いては武装神姫というコンテンツも卑下することになってしまうかもしれません。
それは、多くの人々が関わっているお仕事で、あってはならないことだと思うのです。実際に苦言のコメントは、不快になられたから書かれたんでしょうしね。
じゃあ自信満々のオレサマ節でいいのかというと、そっちのほうが不快に感じる方が多いかもしれませんし、人によっては武装神姫というコンテンツそのものの印象を悪くしてしまうかもしれません。
じゃあ黙して語らずが一番いいかというと、今度はリップサービスが足りないという話になり、難しいところです。
まあ極端な例ばかり挙げてしまいましたが、あんまりオドオド物を書くのも良くないんだろうなーと言うことで、いいお勉強をさせてもらったと考えています。
なんかしらこういうのは教訓があったりしますから油断できませんね(笑)。
お気持ちありがとうございます。心強うございますよ。

と、なると…

はじめまして。
神姫が再び盛り上がってはいるものの、リペイントのサイクルが早くなっていて複雑な気分ですが…。
他のパパンのサイトもご覧になっているのですが、とあるパパンのサイトの神姫絵が商品化される話を耳にして、もしや描かれた神姫絵は商品化するのではないかと嬉しい期待が出来そうな内容なので、この記事はちょっとワクワクする内容でした。

Re: と、なると…

>C.Wさん
どうも初めまして~。
リペイントは、個人的には選択肢が増えていいなぁ、という感じであります。
こういうオリジナル物って、頭数が多いことが色々な方面に対して武器になったりしますからねー。
完成品玩具は色で好みが分かれる、なんてのもありますので、 カラーで選べるなんて、この玩具界のご時世、ある意味贅沢なケースという見方ができますな。

描かれた神姫絵は必ずしも商品化するわけではない、というか、アンオフィシャルなイラストが後から商品化されるというのは、ある意味奇跡的なケースだと思いますよ。
基本的には万に一つのビックリ箱だと思ったほうが現実的ですね(笑)。
メーカーさんは企業ですから、需要がある方向を確認しながら進んでいくでしょう。
従ってこの先どんな展開になるのかわかりませんが、そこがまた楽しみでありますね!
プロフィール

DOGMASK

Author:DOGMASK
■だいたいのお仕事リストはこちら

・おもちゃデザイナー
・絵描き
・ライター(主に時代劇・玩具)
・物語描き

東京は八王子に住んでおります。1970年2月24日生。
必殺シリーズおよび時代劇全般と可動フィギュアを愛しており、なんとかその辺界隈で食いつなぐべく、日々邁進しております。
変形ロボットデザインしたり、萌えフィグデザインしたり燃えフィグデザインしたり、メカデザインしたり怪獣デザインしたり、衣装デザインしたり変身ヒロインデザインしたりしています。
『ミクロマン200X』『武装神姫』『トランスフォーマーGT』『マイティレディ・ザ・シリーズ』『魔法少女てんてるマロン』キャラクターデザインワークス、
『必殺シリーズ完全殺し屋名鑑』『必殺シリーズ完全闇知識』『必殺DVDマガジン』『必殺仕事人2009公式ガイドブック』執筆編集などなど。
年に一回は出雲に行かないと死ぬ病気です。ああもう死んだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。