撮っちゃあみたけど

カプセル

 この写真から、どうブログの内容を膨らまそうとしたんだ俺。
 やー、ブログって難しいですね(汗。
 
 前回のエントリで、近畿や山陰のオーナーとお会いしてみたいって書いたら、ちょびっとだけ反響があってうれしかったです。
 でもmixiのメッセージでいただいたので、相変わらずここのコメント欄は閑古鳥なのでした(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

mixi等にあまり慣れてない閲覧者さん/神姫オーナーさんにとっては、
コメントを書き込むこと自体、意外と気後れするものだと思います、
というか気後れしてます。
書いて消して書いてやっぱやめて~、な人は
わりかし多いんじゃないでしょうか。

自分も一応シリーズ当初から買っていますが
神姫オーナーの“もう使えるものは手当たり次第
片っ端から使う”っぷりは凄かったですね。今もそうですが。
最近だと、メーカー既成のドール服・・・・・・どころか
自分で型紙切ってサラッと浴衣やら洋服やら作られる方も
結構いらっしゃるようです。

ところでヂヂリウムってやっぱり神姫にも効能あるんですかねw

Re: No title

>I/Oさん

ご意見ありがとうございます。
気後れなんて、むしろこっちがしてるぐらいってなものなのですが、
自分も人様のブログを拝見する気持ちで考えると、ああ別にコメントするほどのことじゃないかな、って判断してしまいやすいです。
そう考えると、コメント欄を設けている以上、人様が食いつきやすいブログにしたいなぁとも思うのですが、言うは易しで、なかなか難しいですね。

ミクロマンでもそうでしたけど、神姫でも、使えるものはいろいろ使ってらっしゃる方が多いですね。
服だけでなく、それこそダイソーの和室家具とか。
ああいう、世界観を構成するパーツというのは、採算取りづらいため、メーカーから純正品を出しにくいので、なかなかよそで売ってると重宝しますよね。
自分もいろいろ模索してみたいです。

ヂヂリウムは効果あるのかどうかわかりませんが、青色LEDを昔紫外線LEDだと勘違いして、プラが劣化しちゃう! と使用を避けていた記憶があります。近年(笑)。

No title

さすがにチヂリウムカプセル小さいですねw
このLEDの感じ的に、なぜか出番の多い蠍姉さんの日焼けマシーンぽい?ですねw

Re: No title

>祭さん

確かにサソリ姐さんの日サロっぽいですね(笑)。
サソリは紫外線を当てるともれなく発光するというのを、以前店内ディスプレイのお仕事で学びました。
ちなみにそのディスプレイというのは、ショットバーのショーケースでミクロマンの周りにサソリを這わせるという案だったのですが、飲食店でそれはちょっと……ということで没になりました。

No title

>確かにサソリ姐さんの日サロっぽいですね(笑)。
ファーストインプレッションが、まさにそれでした(笑
IPSのカタログだったかな?
12年くらい前に「ビジネス」カテゴリで見た画像が目の前に浮かびました。

Re: No title

>Gon8さん
ゴメンIPSって知らないや。なんでしょうそれ?

No title

>IPS
フォトリース会社。
砕けた言い方すると有りポジ屋ざんす。
http://ipsnet.jp/

Re: No title

>Gon8さん
同じ会社かどうかわかんないけど、飯田橋の有りポジ屋さんには行ったことがあります。
プロフィール

DOGMASK

Author:DOGMASK
■だいたいのお仕事リストはこちら

・おもちゃデザイナー
・絵描き
・ライター(主に時代劇・玩具)
・物語描き

東京は八王子に住んでおります。1970年2月24日生。
必殺シリーズおよび時代劇全般と可動フィギュアを愛しており、なんとかその辺界隈で食いつなぐべく、日々邁進しております。
変形ロボットデザインしたり、萌えフィグデザインしたり燃えフィグデザインしたり、メカデザインしたり怪獣デザインしたり、衣装デザインしたり変身ヒロインデザインしたりしています。
『ミクロマン200X』『武装神姫』『トランスフォーマーGT』『マイティレディ・ザ・シリーズ』『魔法少女てんてるマロン』キャラクターデザインワークス、
『必殺シリーズ完全殺し屋名鑑』『必殺シリーズ完全闇知識』『必殺DVDマガジン』『必殺仕事人2009公式ガイドブック』執筆編集などなど。
年に一回は出雲に行かないと死ぬ病気です。ああもう死んだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: